このページではIIJmioのDocomo回線であるタイプDで使える白ロム、どんなスマホ端末なら使えるのか、おすすめの白ロムはそして安く手に入れる方法について解説します。

たぬ吉たぬ吉

IIJmioでは白ロムが使えるって聞いたよ、どんな白ロムでもいいの?


シム姉さんシム姉さん

確かにIIJmioドコモタイプではたくさんの種類の白ロムが使えるけど、一部使えない機能や注意する点もあるので見ていきましょう。

白ロムとは

一応最初に白ロムはどんなものなのか確認しておきましょう。

広い意味では白ロムはSIMカードが入っていない端末のことを意味します。SIMカードには電話番号などの契約情報が書き込まれているのですが、このSIMカードが入っていないものは契約情報などが入っていない「まっさら」という意味で白ロムといいます。ですが、実際には白ロムという言葉はもう少し狭い意味で使われている場合が多いです。

一般的に白ロムというとドコモで購入したロックがかかっていない中古端末のことをいいます。auやソフトバンクの端末の場合auの白ロム、ソフトバンクの白ロムなどと携帯電話会社の名前を合わせていうことが多いですが、携帯電話会社の名前が指定されていない場合ドコモが省略されています。


出典:ドコモ

またロックがかかっていないというのはおサイフケータイのロックやおまかせロックがかかっていないことで、またネットワーク利用制限に引っかかっていないなどの条件をクリアしたドコモ中古端末を白ロムといいます。逆にネットワーク利用制限などがかかっているドコモ中古スマホは赤ロムといわれます。

ドコモの中古端末はなぜ白ロムといわれるかというと、それは格安SIMではドコモの回線を使っている場合が多く、ドコモ端末であればSIMロックを解除しなくてもそのまま使えることができるからです。

どんな白ロムならみおふぉんで使える

さて前置きが長くなってしまいましたが、次にどんな白ロムなら使えるのか見に行きましょう。なおこのページでは白ロムというとドコモの端末に限定せず、auやソフトバンクの中古端末についても解説していきます。

iPhoneの白ロム

iPhoneの白ロムはAndroidと比べて利用できる範囲が多いです。まずドコモの中古のiPhoneは全てIIJmioで使うことができます。ドコモで購入したiPhoneにはドコモのシムロックがかかっているのですが、IIJmioはドコモ回線を使っているのでSIMロックがかかったままでも問題なく使えます。テザリングなどの問題も発生しません。

ただしiPhoneを探すがオンになっているものや、ネットワーク制限に引っかかっている赤ロムに注意する必要があります。

キャリア 使用条件
ドコモ 〇 SIMロック解除不要
au △ テザリング不可
ソフトバンク 〇 SIMロック解除必要

auの中古iPhone

auの中古iPhoneの場合IIJmioのドコモ回線で使えるバージョンと使えないバージョンがあります。auのiPhoneにはauのシムロックがかかっていてSIMロックを解除する必要があります。

SIMロックは解除できるiPhoneはiPhone6s以降のもの、auの白ロムの場合iPhone6s以降のものであればIIJmioのドコモ回線で使うことができます。ですが、auの場合はテザリングができなくなってしまう問題が発生します。

ソフトバンクの中古iPhone

ソフトバンクの白ロムの場合はソフトバンクのシムロックがかかっているのでSIMロックの解除をする必要があります。SIMロックの解除ができる機種とできない機種がありiPhone6s以降のものはSIMロックを解除できて使うことができますが、iPhone6s以前のものは残念ながらIIJmioで扱うことができません。

Android端末の白ロム

IIJmioで使えるAndroid端末の白ロムはたくさんの種類があります。基本的にはドコモで使っていた端末はIIJmioで使えます。これはiPhoneと同じ理由でIIJmioもドコモ回線を使っているのでシムロックがかかったままでも通信ができるためです。

また電波も同じ電波を使っているので電波状況が悪くなるといったこともありません。ただし注意が必要な点があり一部のAndroid端末ではテザリングが使えなくなってしまいます。

特に2015年5月以前に製造されているAndroid端末はほとんどの場合IIJmioに乗り換えるとテザリングが使えなくなってしまいます。テザリングを行う裏技的な方法はありますが、初心者が行うと端末を壊してしまうこともありおすすめはできません。

キャリア 使用条件
ドコモ 〇 SIMロック解除不要
au 使えない
ソフトバンク △ 電波に難あり

auの場合はほとんど使えません。auのAndroidは通信方式がDocomoとauと違うことからシムロックは解除できる端末であっても、ドコモ回線のIIJmioでは使えないことがほとんどです。

ソフトバンクの場合はソフトバンクのSIMロックがかかっていますので、SIMロックの解除が必要です。SIMロックを解除することができればIIJmioのドコモ回線で使えます。auのように通信方式問題は起こりません。

ただしソフトバンクの端末の場合Docomo端末と対応しているバンドが一部異なります。バンドというのは受信できる電波の種類だと思ってください。バンドが異なっていると一部の電波を受信できないことになり電波状況が低下してしまうことにつながります。ですので、ソフトバンクのAndroidの白ロムを使う場合電波状況が悪くなるのは避けられません。

Android端末の白ロム

以下に主な白ロムの種類を紹介します。

  • GALAXY S5
  • AQUOS SH-M04-A
  • Disney Mobile on docomo DM-01H
  • Xperia J1 Compact
  • Xperia Z5 Compact
  • Xperia Z5 Premium SO-03H
  • Xperia A4 SO-04G
  • Xperia Z4 SO-03G
  • Xperia Z2 SO-03F
  • Xperia A SO-04E
  • Xperia GX SO-04D
  • ELUGA X P-02E
  • P-01D
  • VAIO Phone VA-10J
  • arrows NX F-02H
  • arrows SV F-03H
  • arrows Fit F-01H
  • ARROWS NX F-04G
  • ARROWS NX F-02G
  • ARROWS NX F-01F
  • ARROWS NX F-05F
  • ARROWS Kiss F-03E
  • らくらくスマートフォン F-12D
  • ARROWS μ F-07D
  • F-03D Girls
  • F-09D ANTEPRIMA
  • ARROWS X F-10D
  • F-12C
  • ARROWS Tab F-05E
  • Galaxy S6 SC-05G
  • Galaxy S6 edge SC-04G
  • GALAXY S5 SC-04F
  • GALAXY S4 SC-04E
  • GALAXY Note SC-05D
  • GALAXY S SC-02B
  • AQUOS PHONE si SH-07E
  • AQUOS PHONE ZETA SH-06E
  • AQUOS PHONE EX SH-04E
  • AQUOS PHONE ZETA SH-02E
  • AQUOS PHONE sv SH-10D
  • AQUOS PHONE ZETA SH-09D
  • AQUOS PHONE SH-01D
  • AQUOS PHONE SH-12C

iPhone版の白ロム

  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6 docomo版
  • iPhone 6 Plus docomo版
  • iPhone 5s docomo版
  • iPhone c docomo版

おすすめの白ロム

おすすめなのはやはり流通量が多いソニーのエクスペリアやAppleのiPhoneです。圧倒的に安く手に入れられます。ですが、エクスペリアのようなアンドロイド端末はテザリングができません。テザリングをするならドコモのiPhoneです。

iPhone 5sあたりは2017年11月現在、ヤフオクで10000円程度で、iPHone6sあたりは20000円台から手に入ります。XperiaはZ2が2014年製で10000円台から、Z3は6000円から、Z4は10000円から、Z5は25000円台から手に入ります。※価格は変動します

出典:動作確認済み端末一覧は(タイプD/ドコモ網)より抜粋

白ロムで出来ること・できないこと

白ロムでできないこと

  • 一部の機種でテザリングが利用できなくなる
  • キャリアの機能が使えなくなる
  • Lineの年齢認証できなくなる
  • 故障時などのトラブルが自己責任になる