IIJmioのデータシェアがお得なケース、タブレット、2台持ちに最適なデータ専用SIMのシェアについて解説します。

たぬ吉たぬ吉

IIJmioはデータ専用SIMが無料で追加できるって本当?


シム姉さんシム姉さん

本当ですよ。だけどプランによっては料金がかかってしまうので、プランごとの料金を見ていきましょう。

データ専用SIMカードを無料で追加できる

ファミリーシェアプランを契約している場合、データ専用SIMカードの追加は4枚まで無料です。

SMS機能付きは月額140円、音声機能付きは月額700円の加算が必要なのですが、データ専用SIMに関しては4枚までは手数料無料で追加することができます。

またライトスタートプラン・ミニマムスタートプランの場合はSIMカードを追加する場合400円の料金がかかります。これはデータ専用の場合でも音声機能付きの場合でも一律にかかります。

プランごとのSIM発行枚数と料金

次にプランごとのSIM発行枚数と料金についてみていきます。

プラン 追加の上限
ミニマムスタートプラン 1枚
ライトスタートプラン 1枚
ファミリーシェアプラン 9枚
プラン データSIMの追加費用
ミニマムスタートプラン 1枚400円
ライトスタートプラン 1枚400円
ファミリーシェアプラン 5枚目以降1枚400円

ミニマムスタートプラン・ライトスタートプラン

ミニマムスタートプランとライトスタートプラン3GBと6GBのコースでは追加で1枚までSIMカードを追加することができます。

ミニマムスタートプラン・ライトスタートプランの場合SIMカードを追加すると、データ音声、SMS機能付きに関わらず一枚400円の月額料金がかかります。

ファミリーシェアプラン

ファミリーシェアプランでは最大10枚までSIMカードを増やすことができます。データ専用SIMの場合4枚までは手数料無料で追加できます。5枚目以降は一枚あたり月額400円手数料がかかります。

またSMS機能付きの場合は1枚あたり140円の月額料金がかかります。音声機能付きSIMの場合は月額700円の月額料金がかかります。

シム姉さんシム姉さん

つまりデータSIMが無料で追加できるのはファミリーシェアプランを契約している場合で、4枚目まで。ライトスタートプランやミニマムスタートプランでは400円かかってしまうということですね。

こんな場合におすすめ

  • タブレットにもデータ専用SIMを挿したい
  • スマホの2台目としてデータ専用SIMを追加したい
  • 子供が持つスマホにデータ専用SIMを追加したい

そんな場合ファミリーシェアプランであれば4枚まで無料でデータ専用SIMを追加することができます。大手キャリのドコモやソフトバンクなどでは、回線を増やすのにシェア手数料が500円程度かかりますが、IIJmioの場合であれば条件付きではありますが、無料でSIMカードを増やすことができますね。

大容量プランもある

2台持ちするなどSIMカードを増加するのに合わせて、大容量オプションを使うこともできます。大容量オプションは月額プランに20GB・30GBを追加することができるサービスで20GBは3100円30GBは5000円。さらに20GB+30GB合わせて50GBを追加することもできます。

データをシェアする場合、バンドルクーポン(基本データ容量、月3GB・6GB・12GB)などが使い切ってしまいチャージをすることもありますが、頻繁にチャージを繰り返すようであれば、大容量オプションを追加した方が安くすみます。

通常のチャージは100MB 200円ですが、大容量オプションの20GBであれば3100円、容量の差は200倍です。チャージをした場合2万円かかってしまいますが、大容量オプションであればたった3100円で20GBを追加することができます。

データ専用SIMのシェアのまとめ

  • ライトスタートプラン・ミニマムスタートプランでは月額400円の追加でデータ専用SIMがプラス1枚できる
  • ファミリーシェアプランの場合4枚までなら月額無料でデータ専用SIMを増やせる
  • ファミリーシェアプランは最大9枚SIMカード追加できる
  • データシェアでチャージが頻繁な時は大容量オプションの方がお得