docomoからIIJmioにMNPに乗り換える方法、解約してから乗り換える方法を解説します

たぬ吉たぬ吉

ドコモからIIJmioに乗り換えたいんだけど、スマホの乗り換えは初めてだからやり方が分からないや。かかる費用や手順を教えてほしいな

シム姉さんシム姉さん

スマホ初めて乗り換えるんですね。それならこれからIIJmioに乗り換えるのに必要な物、かかる費用手順についてみていきましょう。

docomoからIIJmioに乗り換える方は、docomoを解約してIIJmioに乗り換える方と、docomoの番号を引き継いでIIJmioで使うMNP乗り換えの方がいると思います。

このページではMNP乗り換えを行う方法を解説しています。解約して乗り換える方は、MNPの部分を飛ばして読んでください

たぬ吉たぬ吉

僕は番号を引き継ぎたいからMNP乗り換えということかな。


シム姉さんシム姉さん

そうですね。そのまま番号を使いたいならMNPをしないといけないですね。

このページで乗り換えられる方

このページでは

  • docomoのスマホを使っている方
  • docomoのガラケーを使っている方

が対象です。

家族でdocomoの回線を使用している方も、一人で回線を契約している方も乗り換えられます。

IIJmioに電話番号を引き継ぎたい方はMNPを行いますが、電話番号が使えなくなってしまう不通期間はほぼゼロです。

そもそもMNPとは?解約との違い


出典:ドコモ

MNPは携帯電話番号をそのまま他の携帯電話会社で使えるようにすることです。MNPをするとdocomoからIIJmioなどの他の携帯電話会社に乗り換えても、今使っている電話番号をそのまま使うことができます。

MNPをすると自動的に前の携帯電話会社は解約になり解約の手続きは必要ありません

解約との違い

解約は電話番号引き継がずに回線契約を終了することで、乗り換え先で今まで使っていた電話番号を使うことはできません。解約とMNP乗り換えを間違えないようにしましょう。

たぬ吉たぬ吉

電話番号を引き継ぎたい方はMNP、電話番号を捨てて新規で契約する方は解約しよう。

MNP乗り換えに必要なもの

乗り換えで必要なものまずMNP乗り換えで必要なものは

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード
  • 20歳以上であること

MNPで乗り換える場合はMNP予約番号と、本人確認書類、本人名義のクレジットカードが必要になります。MNP予約番号はdocomoから入手します。

本人確認書類はIIJmioに提出するもので運転免許証や保険証、日本国パスポートなどです。

運転免許証をお持ちの方は運転免許証だけで構いませんが、保険証を本人確認書類にする場合は補助書類として、公共料金の支払い明細や住民票などが必要になりますので、予め取得するようにしておいてください。

MNPで乗り換えは15日以内に行わないといけないので、先に本人確認書類を揃えるようにしてください。

たぬ吉たぬ吉

IIJmioに申し込む時、MNP期限が10日以上が必要だから、先に本人確認書類を揃えよう。それとIIJmioは20歳以上で本人名義のクレジットカードを持っていないと契約することができないんだ。

乗り換えにかかる費用

MNPで乗り換える場合、docomoに支払う料金とIIJmioに支払う料金があります。

①docomoに支払う料金

  • MNP転出料2,000円
  • 更新月でない場合違約金9,500円

②IIJmioに支払う料金
事務手数料3,000円

つまり乗り換えには5,000円、2年更新月でない場合は14,500円がかかることになります。

スマホ端末の準備

今使っているスマホをIIJmioでも使うのか、新しくスマホを購入するのか決めておく必要があります。

今あるスマホを使う場合

今ドコモで使ってるスマホIIJmioで使う場合、何も手続きをせずそのまま使うことができます。IIJmioにはドコモ回線とau回線がありますので、ドコモ回線を選択すればスマホ端末のSIMロックなどを解除することなく、そのまま乗り換えられます。

Android端末の注意点

Android端末の場合注意が必要です。それは乗り換えるとテザリングが利用できなくなることです。

この問題はAndroidの端末よって異なるのですが、概ね2015年5月以前に製造されたものはテザリングができません。2015年5月以降に製造されたものの中にはテザリングができるものもあります。公式サイトで動作確認済み端末を確認してください。

どうしてもテザリングを利用したい場合はIIJmioで販売されているスマホ端末を購入するか、SIMフリー版を調達してください。

なおiPhoneの場合はテザリングの問題は起こりません

事前にしておくべきこと

キャリアメールのバックアップ

ドコモを解約する前にキャリアメールのバックアップをする必要があります。

キャリアメールはドコモを解約するとサーバーから削除されて閲覧できなくなってしまいますので、必ずドコモを契約しているうちにバックアップするようにしてください。

このメールのバックアップはスマホ端末をそのまま利用する場合でも行ってください。

それ以外のデータ例えばLineのトークや通話履歴、アプリのデータなどは後でゆっくりバックアップ復元できます。

もちろんスマホ端末を乗り換えない場合はデータはそのままで使えます。

ポイントを消化する

ドコモで貯めていたポイントは解約と同時に消えてしまいます。ですので、たくさんたまっている場合は解約する前に使うようにしてください。

MNPのタイミング

ドコモで2ヶ月分無駄に請求されてしまわないように乗り換え日は慎重に決めましょう。

ドコモの月額料金の締め日は月末です。つまり11月分であれば11月1日から11月30日の分が12月に請求されることになります。

そのためMNP乗り換えは11月始め頃から、遅くても半ば頃までに行なった方がいいですね。

また2年縛りがあると思いますが、違約金がかからず乗り換えできるのは契約から25ヶ月目と26ヶ月目だけです。もう少しで契約更新月がくる場合はそれを待ってもいいですが、6ヶ月以上先という場合であれば違約金を払ってでも乗り換えた方が安くなります。

11月にIIJmioに乗り換えたいと言う場合、11月のはじめぐらいから11月の半ばまでにMNP予約番号を取得します。そしてMNP予約番号取得したらIIJmioに申し込んで15日以内に乗り換えを完了します。

11月5日にMNP予約番号を取得した場合は11月20日までに乗り換えが完了することになります。

ドコモへの支払いは11月30日までIIJmioに支払う料金は11月の日割り計算された料金です。11月分まるまる支払う必要はありません。

MNPで乗り換えた場合、MNPが成立した時点でドコモ解約になりますので、自分で解約手続きを行う必要はありません

※ドコモの解約タイミング

この項目はMNPする方は飛ばしてください。

ドコモを解約する場合MNPの時と同じように余裕を持って早くしてください。例えば11月に乗り換える場合11月30日までが当日当月の請求ですので、25日ぐらいまでには解約手続きを済ませた方がいいでしょう。

ドコモはオンライン、電話などでは解約することができませんので、ショップに出向く必要があります。

ショップに行く場合本人確認書類、免許証被・保険証スマホ端末の両方を持参してください。

以下MNPのところを飛ばして手続きを進めてください。

MNP乗り換えの大まかな流れ

  1. 乗り換え日時を決める
  2. MNP予約番号を取得する
  3. IIJmioに申し込む
  4. SIMカードスマホが発送される
  5. 自宅に到着する
  6. 電話番号を切り替えを行う
  7. スマホ端末の設定を行う

乗り換え日時を決める

ドコモで2ヶ月の請求されないように余裕を持って乗り換えに決めて下さい。

MNP予約番号を取得する

次にMNP予約番号を取得します。MNP予約番号はMydocomoまたは電話ショップのいずれかから申し込むことができます。
電話の場合ドコモの携帯電話から連絡する場合は151に一般電話から申し込む場合は0120-800-000に電話をして、MNP予約番号を取得したいという旨を説明します。

パソコンの場合ログインしてドコモオンライン手続きの中からMNP予約番号を取得します。店頭の場合はスマホ端末と本人確認書類を持って行きます。

IIJmioに申し込む

次にMNP予約番号を取得したらできるだけ早くIIJmioに申し込みます。MNP残り日数が7日あれば乗り換え可能ですが、できれば3日以内に申し込めるといいですね。

申し込みの詳細はこちらのページで解説していますので、参考にしてみてください

本人確認手続きが終わった後、SIMカードやスマホが発送されます。最短3~4日で届きます。

参考:IIJmioの申し込み方法(普通版)
参考:IIJmioの申し込み方法(エントリーコード使用版)

電話番号切り替え手続きを行う

スマホやSIMカードが届いたらIIJmioオンデマンド開通センター(0120-711-122)に電話をかけて開通手続きを行います。開通手続きを行うと数時間程度で以前のスマホが使えなくなり新しいSIMカードが使えるようになります。

MNP予約番号は有効期限がありますが、有効期限の前日までに必ず手続きを行うようにして下さい。行わない場合は有効期限当日に自動で開通されます。

家族で申し込んだ場合はSIMカードをセットで届くのではなくバラバラに届く可能性があります。それぞれ自分のタイミングで手続きを行います。

スマホ本体の設定をする

スマホSIMカードが届いたら本体の設定を行う必要があります。APN設定といわれるものでこれを行わないとスマホが使えません。

APN設定方法については別のページで詳細に解説していますので、参考にしてみてください

参考:iPhone版・Android版のAPN設定方法

MNP・乗り換え・解約のまとめ

  • MNPすると番号をそのまま使える
  • MNPしたい場合は解約しないように注意
  • MNPすると自動で解約になる
  • 不通期間はほぼゼロ