IIJmioでXperia Z2が使えるのか、使える機能と使えない機能を解説、乗り換えてみた感想も紹介します。

DocomoのXperia Z2(SO-03f)は使える

DocomoのXperia Z2(SO-03f)には何も操作をしなくても、IIJmioでそのまま使うことができます。またXperia Z2so03f意外にもZ1 Z3 Z4 Z5などもIIJmioで使うことができます。

シム姉さんシム姉さん

IIJmioはドコモ回線を使っているので、もともとドコモで使っていた端末はそのまま使えるんですね。

IIJmioでできないこと

ですが、IIJmioに乗り換えることで使えなくなってしまう機能もあります。

  • テザリングが使えなくなる
  • キャリアのサービスが使えなくなる
  • Lineの年齢認証ができなくなる

テザリングができなくなる

Xperia Z2からIIJmioに乗り換えるとテザリングができなくなってしまいます。これはSIMロックと関係なく、テザリングをしようとするとAPN設定が強制的にドコモの設定に変更されてしまい「テザリング中にエラーが起きました。」というエラーが出てテザリングが使えなくなります。

XperiaZ2でテザリングをする方法(非公式)

これはSIMロックを解除していても起こります。ですが非公式にはテザリングをする方法があります。自己責任ですが、スマホ端末を開発者モードにしてWindowsのプロンプトからコマンドを実行することで、MVNO(格安SIM)でもテザリングができるようになります。

私もこの方法で機種を改造しテザリングしています。

詳しいやり方はこちらで開設しています。

参考記事:Xperiaでテザリングする簡単な方法を解説!

Xperia Z2を開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にして
adb shell
settings put global tether_dun_required 0
と打ち込みます。

※あくまでも自己責任でお願いいたします

キャリアのサービスが使えなくなる

IIJmioはドコモではありませんので、ドコモが提供していたキャリアメールやキャリア決済といった機能が使えなくなります。キャリアメールを使っている方はフリーメールG-Mmail、Yahooメールを取得する必要がでてきます。

キャリア決済を使っている方の場合はクレジットカードを作ったり、口座振替・銀行振込に切り替えるようにする必要があります。

Lineの年齢認証が使えなくなる

格安SIMのIIJmioではLineの年齢認証ができなくなります。現在使っているスマホが年齢認証されていてそのまま使う場合は全く問題ありませんが、Xperia Z2を中古で入手したいという場合には年齢認証ができなくなってしまうため、ドコモが使えるうちに中古端末を購入して年齢認証するなどの対処が必要です。

IIJmioでできること

以上で三つの出来なくなることを紹介しましたが、IIJmioではそれ以外のほとんどの機能を使うことができます

データは消えない
SIMカードを差し替えるとデータが消えることを心配している方と思いますが、データが消えることはありません。SIMカードは電話番号など契約情報が書いてあるだけですので、それをさして変えたからといってROM(ストレージ)に保存されているデータが消えることはありません

MNPで番号が引き継げる
格安SIMであってもMNPをすれば電話番号を引き継ぐことができます。MNPで電話番号をそのまま使い続けたい場合は解約をしてしまわずにドコモでMNP予約番号取得してIIJmioに申し込みにしてください。

アプリのデータが消える?
たまにSIMを格安SIMにするとアプリのデータが消えてしまうと勘違いしている方もいますが、アプリのデータはスマホを変えない限り消失しません。ラインなどのデータはそのまま残り使い続けることができます。

Xperia Z2からIIJmioに乗り換えた感想

料金が安くなった

一番に料金が安くなりました。

私が契約しているプランはミニマムスタートプラン月額1600円で3GB使えるコースです。ドコモでは3GBプランを契約しても7000円ぐらいなってしまいますが、IIJmioならたった1600円で維持することができます。

1600円なんてドコモでは考えられない料金です。ドコモでは最低の料金が1GBで4900円ですから、その1/3以下だといえます。

電波は問題なかった

同じ電波なので問題ないということは理解していたのですが、もしかしたら電波が悪くなってしまうのではないかという心配もしていました。ですが、実際乗り換えたところ以前と同じくきちんと電波が届いて受信できています。

速度を遅くなるときと速くなるときと

速度はばらつきが出るようになりました。ドコモはいつでも早いですが、アイアイジェイミオは速度が非常に遅くなることがあります。お昼の時間帯や夕方夜など1Mbps以下になってストレスがたまるような速度になってしまうこともあります。

ですが、それ以外の時間帯は普通にネットサーフィンが出来ます。速度が遅くなるというのは本当のことでした。IIJmio契約する前はIIJmioに乗り換えると速度が遅くなるけど、体感値としてはほぼ変わりがないという情報が多かったのですが、実際には体感値でもわかるほど速度が遅くなることがあるというのが正直な感想です。

ですので、乗り換えを検討している方で速度に非常にこだわりがある方はIIJmioに乗り換えない方がいいと思います。

格安SIMの中でもワイモバイルは速い

どうしても料金を節約したいけれど速度にこだわるという場合は、Yモバイルに乗り換えるという手があります。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで他の格安SIMと比べて速度が安定していて常に10Mbps以上出ています。

IIJmioと比べると最安のプランがスマホプランS1GB 1980円、2年目以降2980円とIIJmio料金より高いですが、速度を重視したいという場合はワイモバイルという選択肢もあるかと思います。

ワイモバイルに乗り換える場合Xperia Z2はそのままでは使えません。ドコモショップに行ってSIMロックを解除する必要があります。またシムロックを解除してもソフトバンクの電波に一部対応していないので電波状況が少し悪くなってしまうのは覚悟しないといけません。

ですが私は速度が少し遅くなっても気にならないので、IIJmioを契約して正解だったと思います。XperiaZ2もそのまま使えましたし。