IIJmioのライトスタートプランがドコモやauのように電話やネットが普通にできるのか、料金はいくらになるのか、どんな人におすすめかについて解説します

たぬ吉たぬ吉

IIJmioにはライトスタートプランがあるけど、今まで通り通話やネットが普通にできるのかな?


シム姉さんシム姉さん

ライトという名前がついているけど、電話やネットアプリは普通に使えますよ。詳細を見ていきましょう。

ライトスタートプランとは

ライトスタートプランはIIJmioのスマホ料金プランのことです。
IIJmioには1月あたりの通信量が3GB、6GB、12GBできる3つのプランが用意されているのですが、その中で真ん中のプランである6GBのプランのことをライトスタートプランといいます。

ライトという名前が付いているので機能が省略されているように感じられますが、そんなことはなくキャリアとほとんど同じです。

電話もそのままできますし、ネットを閲覧したり動画を視聴したりアプリを使うことができます。今使っている電話番号をそのまま移行して使うことができます。

たぬ吉たぬ吉

ライトプランでも今まで通りのスマホの機能が使えるんだね

できること

  • 090・080で始まる電話番号を使って電話をする
  • ネットに接続してサイトやYoutubeなどを見る
  • Lineなどのアプリを使う
  • 地図アプリで地図を確認する
  • ゲームをする

ライトスタートプランでは今使っている電話番号をそのまま移行させて使うことができますし、ネットの動画を見たりショッピングをしたりオークションしたりといったことも今まで通りできます。

Lineやゲームなどのアプリを使っている方もいると思いますが、まったく今まで通りに使えます。しかしできないこともあります。

できないこと

  • キャリアメールを使う
  • キャリア決済を使う
  • いつでも何時間でも電話し放題は料金が高額

キャリアメール、キャリア決済はドコモやauといったキャリアが提供しているサービスです。そのためIIJmioのライトスタートプランに乗り換えると使えなくなってしまいます。

また電話の料金ですが、ライトスタートプランの場合電話代は30秒10円かかり、たくさん通話をする方には通話定額パックがあります。その場合10分間かけ放題、3分間かけ放題がありそれぞれ830円と600円です。

通話パックの時間を超えてしまった場合は30秒10円の料金がかかります。

たぬ吉たぬ吉

すごく電話をかけることが多い、キャリアメールがないと困るという方以外は問題なく使えるんだね

ライトスタートプランの種類

ライトスタートプランには色々な料金プランが書いてあって、データ付きSMS付き音声通話付タイプd、タイプaなどがあってこんがらがってしまいます。
どれを選んだら良いのか分からなくなってしまいます。

選ぶときのポイントはこれまで通り電話を使いたいという方は「音声通話機能付き」を選んでください。電話はいらないけどショートメッセージSMS機能は使うという方は「SMS機能付き」を選んでください。電話もショートメッセージもいらないネット閲覧だけで良いという場合は「データ専用」を選んでください

タイプdとタイプa

タイプd、タイプaは回線の種類です。タイプdはドコモの頭文字でドコモの回線を使っているものです。

タイプaはauの頭文字でauの回線を使っているものです。

今docomoのスマホを使っている方はタイプdを選べば今使っているスマホをそのまま変更しないで使うことができます。

ただし2015年以前のAndroidスマホを使っている方の場合、乗り換えるとテザリングという機能が使えなくなってしまいます。iPhoneの場合はテザリングは全く問題なく使えます。

auを使っている方の場合、限られた機種だけですが、そのままライトスタートプランで使えます。ただドコモと同じようにテザリングには問題がありauのiPhoneはテザリングができなくなります。また一部の端末はシムロックの解除をしないと使えません。

今使っている機種が本当にライトプランで使えるかどうかは、こちらのページの動作確認済み端末の一覧で確認してください。もし今持っているスマホが使えない場合は新しいスマホを購入する必要があります。

今の番号そのまま使えるのか

ライトスタートプランでは今まで使っていた携帯電話の番号をそのまま使うことができます。

電話番号をそのまま使うことを電話番号移行MNPといいますが、これは今ドコモ、au、ソフトバンク、他の格安SIMなど、どれを使っている方でも簡単に手続きして電話番号を引き継ぐことができます。

参考:
IIJmioに電話番号移行で乗り換える方法(ドコモ版)

IIJmioに電話番号移行で乗り換える方法(au版)

IIJmioに電話番号移行で乗り換える方法(ソフトバンク版)

ライトスタートプランの料金

ライトスタートプランの料金は申込時だけにかかる初期費用、毎月かかる月額料金そして通話した分の通話料金の3つの料金があります。

ドコモ、タイプDの料金(1人で1回線の場合)

ライトスタートプラン 料金
月当たりの容量 6GB
初期費用 3,000円
通話SIM 月額2,200円
SMS付き 月額1,660円
データのみ 月額1,520円

au、タイプaの料金(1人で1回線の場合)

ライトスタートプラン 料金
月当たりの容量 6GB
初期費用 3,000円
通話SIM 月額2,220円
SMS付き 月額1,520円
データのみ なし

詳しい料金表はこちらの通りになっています。

シム姉さんシム姉さん

電話の機能を使いたい場合は初期手数料は3000円、毎月かかる月額基本料金は2,220円+通話料金ですね

たぬ吉たぬ吉

通話はしないけどSMS機能を使うという場合は初期手数料が3000円、毎月かかる月額料金が1660円だね。

SMSも通話も全く使わないという方の場合は初期手数料が3000円と毎月かかる月額費用は1520円です。

なぜ料金表示が「から~」になっているのか

なぜ料金表が1660円~という表示になっているのでしょうか。

それはライトスタートプランでは最大3人でデータを分け合うことができる機能があるからです。
料金表が~になっているのは、2人、3人の場合の料金で、別に手数料がかかるためです。

ですので、1人で1回線だけ契約する場合は通話機能付きのものを選んだ場合2200円で、それ以外の料金を取られることは全くありません。※通話代は別にかかります。

クーポンとは何なのか

IIJmioの料金プランを見ているとクーポンという表現がよくあります。
クーポンは簡単に説明すると高速通信ができる容量GBのことです。クーポンは3GBということは3GB分高速で通信ができることを表しています。

3GBを超えてしまうと低速モードになってしまいサイトの閲覧も出来なくなるぐらいゆっくりの速度になってしまいます。

またバンドルクーポンという表現もあります。バンドルクーポンというのは月額料金でできる高速通信のGB数のことで、ライトスタートプランの場合であれば6GBですので、6GBまで高速通信ができるということです。

ファミリーシェアプラン・ミニマムスタートプランとの違い

IIJmioにはミニマムスタートプランとファミリーシェアプランという他の2つのプランがあります。
違いは1月あたりにできる高速通信の量です。

ミニマムスタートプランは1月あたり3GBまで通信できますが、ファミリーシェアプランは12GBまで通信ができます。

たぬ吉たぬ吉

どのプランでも通話機能やアプリを使う機能、ネット閲覧の機能などは全く同じ、高速で通信できる容量が違うだけなんだね

6GBってどのくらい通信できるの?

ところで6GBはどのくらいの通信ができるのでしょうか。メールをした場合ネットを見た場合動画を見た場合などに分けてみていきたいと思います。

6GBでどのくらい通信できる?それぞれ6GBでできる量

内容
メール送受信 12500通
ニュースサイト閲覧 21000ページ
動画の視聴 27時間
音楽ダウンロード 1500曲

※それぞれ1月あたりの目安量です。

まずメールを送受信する場合約12600通できます。ニュースサイトを見た場合は約21000ページ、動画を視聴した場合は27時間、4分間の音楽をダウンロードした場合は1500曲ダウンロードすることができます。

一般的にLineやメール、ネット閲覧はあまり容量を使いませんが、動画を視聴したり音楽を聴いたり、ゲームをしたりするとたくさんの容量を使います。

自分がどれくらい容量を使っているかわからない場合は、こちらのページに今どれくらい容量を使っているかをチェックする方法が書いてありますので、参照してください。

ライトスタートプランはどんな方におすすめ

ざっくりですが人より少し多く使うかな、という方向けのプランです。

ライトスタートプランはミニマムスタートプラン3GBの2倍の容量が使えます。
1月6GBはかなりの要領でたっぷり通信ができます。

家電批評のアンケートによると約50%の方が1月あたり3GB以下の通信で足りています。人より動画を閲覧する回数が多い、一日中SNSを使っている、Lineの通話を長くしたい、人より多めに使うという場合はライトプランの6GBが丁度良いと思います。

そんなに使わないということであればミニマムスタートプランで足りると思います。また容量変更は無料でいつでもできますので、とりあえず申し込んでみて足りなかったら上のプランにしたり、多すぎたら下のプランにするといったことも可能です。

ライトスタートプランのまとめ

  • ラインなどのアプリが今まで通りに使える
  • キャリア決済とキャリアメールが使えなくなる
  • ライトスタートプランは1月あたり6GBまで高速通信ができる
  • 今の電話番号をそのまま引き継ぐ引き継げる
  • 人よりちょっと多く使うという方にぴったり