みおふぉん(iijmio)は子供にもたせるにも最適なSIMなのでしょうか。できる機能制限やフィルタリングサービス、価格について解説します

たぬ吉たぬ吉

IIJmioみおふぉんといえばファミリーシェアプランが有名だよね。子供にも最適なシムなのかな。

シム姉さんシム姉さん

IIJmioでは子供用にフィルタリングサービス「i-フィルター」を導入したりウイルス対策をしたりできるので、子供にも持たせられるSIMですよ。

IIJmioは子供に最適

子供にスマホを持たせたいだけどauやdocomo、SoftBankの端末と回線だと毎月1万円の料金がかかってしまう、どうしたらいいか。そう悩み格安SIMを検討している親御さんも多いと思います。

子供に最適な格安SIMなのか、結論からいうとIIJmioは最適なSIMの一つです。

  • シェアプランが充実している
  • 月額使用料が安い
  • フィルタリングなど子供の制限ができる

といった特徴があります。

シム姉さんシム姉さん

最安価格では1ヶ月1,600円から子供にスマホを持たせられます。いかで制限できる機能や料金を見ていきましょう。

IIJmioでできる制限

以下で紹介する制限内容はiPhoneでは一部使えない機能があります。

フィルタリング(ネットの制限)

IIJmioではi-フィルターforマルチデバイスを導入することでインターネットの閲覧制限ができます。i-フィルターを導入すると小学生・中学生・高校生・大人と細かく閲覧できるWEBサイトの内容の制限ができます。

シム姉さんシム姉さん

子供にスマホを持たせる時、まず心配なのが見て欲しくないサイトの閲覧ですよね。i-フィルターを導入すればそんな心配はなくなります。

時間制限

アイフィルターを導入することで、端末の起動時間を制限できます。例えば勉強する時間、学校に行く時間、夜就寝した後などこっそりスマホを使われると困る時間があります。

そんな時間はi-フィルターでブロックできます。

アプリの使用制限

これはiPhoneでは使えない機能です。アプリの使用制限をするとアプリごとに起動できる・起動できないの設定が可能です。ゲームなど起動してほしくないアプリがある場合は設定すれば起動できなくなります。

使用状況の確認

どんなサイトを閲覧しているのか、誰に電話をかけているのかといった使用状況が気になります。i-フィルターを導入すればそのような子供のスマホの使用状況がすぐに分かります

居場所を確認できる

GPS機能をオンにしておけば保護者のスマホやPCから、子供の居場所をすぐにチェックできます。塾の帰り、学校の帰りなど遅くなってしまった時にどこにいるのか心配ですが、そんな不安を解決できます。

ウイルス対策

ウイルスバスターを導入すると、ネット閲覧時アプリインストール時などのウイルス対策ができます。

たぬ吉たぬ吉

なるほど、利用時間を制限したり、ネットの閲覧を制限したり、ウイルス対策が出来れば子供に持たせるのも安心だよね。


シム姉さんシム姉さん

ここでは紹介できませんでしたが、ウイルスバスターやi-フィルターを導入するとSNSのプライバシーチェック、銀行アプリのスキャン、盗難紛失時にスマホをリモートブロックしたりデータを消去したりする機能もついていますよ。

プランと料金

次に加入できるオプションプランと料金を見ていきます。

i-フィルターforマルチデバイス

フィルタリングなどの機能が利用できるi-フィルターforマルチデバイスは月額360円で加入できます。

ウイルスバスターモバイル版

ウイルスバスターモバイル版はウイルス対策などに有効ですが、月額250円で加入できます。

みまもりパック

ウイルスバスターとiフィルター両方に加入したいという場合は、それぞれ加入すると月額610円かかってしまいます。

しかし「みまもりパック」というプランが用意されていてウイルスバスターとiフィルターをセットで月額500円で加入することができます。

たぬ吉たぬ吉

別々に加入するより110円お得、子供にスマホ持たせる場合の是非導入したいプランだね。

申し込み方法と設定方法

次に申し込み方法と設定方法を見ていきましょう。

オプションプランを申し込む

申し込みたいプランを選んでIIJmioのホームページから申し込みます。既にIIJmio契約している方はマイページから申し込みができます。今から申し込むという場合はSIM回線の契約の時にオプションプランとして一緒に申し込めます。

アプリのダウンロード先

アプリを導入する

iフィルターやウイルスバスター申し込んだ後は、会員ページのモバイルオプションのページにアクセスし、そこからアプリをダウンロードします。そしてインストールします。

ライセンス情報を入力して有効化する

アプリをダウンロードするだけでは使えません。会員専用ページに掲載されているライセンス番号をアプリ内に入力してライセンス認証し有効化します。

制限の設定する

アプリが使えるようになったら、フィルタリングやウイルススキャンなどの設定を行います。子供の年齢に合わせて閲覧制限モードを設定し、いつウイルススキャンを行うかなども設定します。

子供用のSIMの契約方法

ここまでで子供にできる機能制限の内容やアプリの導入方法などを紹介してきました。

以下では子ども用のSIM回線を契約する方法を紹介します。

未成年者は本人名義で契約できない

格安SIMは未成年者は本人名義で契約ができません。また契約する時に本人名義のクレジットカードが必要なため、20歳未満の子供では親名義で契約する必要があります。

親名義で契約してシェアする

子供にSIM回線を持たせる時は親名義で契約し子供に容量をシェアするシェアプランを使うことになります。必要なデータ容量に応じて3GB/6GB/12GBのプランから選び、契約して子供のスマホにSIMを挿します。

たぬ吉たぬ吉

子供に容量をシェアすると月額どれぐらいになるの?


シム姉さんシム姉さん

それではざっくり料金シュミレーションを紹介しますね。

料金のシミュレーション

子供一人で最低限の容量の場合

子供一人に最低限の容量でスマホを持たせたい場合、プランはミニマムスタートプラン3GB月額1,600円です。電話番号付きで普通のスマホと同じように電話やアプリの使用ネット閲覧ができます。

子供二人に持たせたい場合

子供一人3GBずつ、ふたりぶんSIM回線を契約する場合、ライトスタートプラン6GBプランを二人でシェアする方法が考えられます。

この場合月額料金はライトスタートプラン月額2,220円、それにシェアSIM料月額400円+音声SIM料金700円を加算し、月額3,420円で子供二人に1台ずつスマホを持たせられます。

両親と子供一人でシェアする場合

両親と子供3人でシェアする場合、使用するデータ容量が多くなるので12GBのファミリーシェアプランが考えられます。

その場合3人分の料金はファミリーシェアプラン3,240円、音声SIM料金700円×2人分で1,400円、合計4,640円で3人でスマホを持つことができます。

なおファミリーシェアプランは4枚まではSIM追加手数料がかからないので音声SIM料金だけを上乗せするだけでいいです。

子供に最適なスマホ端末は?

次に子供に持たせるスマホ端末の購入方法について考えてみましょう。

IIJmioで端末セットを購入する

まずIIJmioではキッズ携帯のような子供専用のスマホは販売していません。IIJmioで販売されているのは大人用の普通のスマホです。一番安いものでは1万円代から高いものでは7万円台まで、Android端末を用意しています。

端末ラインナップの中に子供に持たせてもいいと思えるスマホがあればそちらを買うのも一つの方法です。

中古端末を購入する

子供に持たせるのに高価なスマホは心配だという場合は白ロムという中古端末を購入するのも一つの方法です。

白ロムはドコモの端末でIIJmioでそのまま使えるものです。白ロムは中古スマホ販売店やヤフオク、メルカリといった販売サイトで入手することができます。

自分のお古をあげる

親が使っていたドコモやau・ソフトバンクのスマホ端末やiPhoneがあり、それがIIJmioの動作確認済み端末の中にあれば、それを子供にあげて使わせることもできます。

IIJmioを子供に使わせる場合のまとめ

  • みおふぉんは子供に最適な格安SIM!
  • 最安1,600円から子供に使わせられる
  • フィルタリングやウイルス対策など子供の機能制限が充実している
  • 時間制限やウェブ閲覧制限・居場所の確認などができる
  • 子供は自分で契約できないので親名義で契約する
  • 端末の入手方法は新品やに中古などいくつかの方法がある